News・Blog

2022-05-27 21:25:00

READ ALOUD like you’re speaking!!

自分で話しているみたいに!英文を声に出して読みましょう♪
あっという間に5月。来月でもう1年の半分が過ぎるなんて、ビックリですねー。
さて。MC joyous English では1月からなんと、1ヶ月おきに英検受験者が続出しました!
それぞれレベルアップしていく中で、私自身も「今日はジュニア英検!」「明日は実用英検!」と頭の切り替えをしながら一緒に学んでいきました。
A94FC6A2-095E-4F1F-9748-B7A1F9BFF20B.jpeg
そんな中で改めて感じるのは、や〜っっぱり生徒さんご自身の前向きな気持ちが1番のパワー!!
ジュニア英検の点数が大〜きくジャンプアップしたキッズも見られ、皆さんのニコニコ笑顔に私も幸せのお裾分けをしてもらいホッとしました♡
さらなるステップアップで実用英検に挑戦する小学生も出ている中で、改めて思うことがあります。
●正しいイントネーションで話されている英語を「真似」する「音読」がベスト!!
●口から出す英文は、実際に使われる「正しい」「不自然ではない」表現であること!!
●日本語よりも10倍早く言えるように鍛える!!
英語で話して使えるようになる「コア」は、この3つなのかなーと。
基本的に私は「これは効果的!!」と思う教材のみピックアップして使用しており
どれも、音声をしっかり聞いて言ってみる「音読ベース」で「よく使われる表現の英文が溢れている」のです。
未就園児のお子さまから、小学生に中高生、仕事で英語を使う大人の方レッスンまで
大切にしているのは、とにかく少しでも多く英語を「言ってもらう」ことです。
コツコツ続けていくうちに、ふと「あれ、発音とイントネーションがすっごく綺麗になってる♪」「前より読むのがスムーズになってるーーー♪」と感じられる瞬間が増えてきます。
だんだんと英語のリズムが身体に染み込むような感じ。
レベルにあった英文を、不自然ではない表現の英文を、正しいイントネーションで聞いて、真似して、言い続けることでスピードが身につくのですね。
それは、“Listening→Speaking”でフレーズを増やしていく
海外に行った時に体験する外国語との出会いと同じです。
ただし。
レッスンで鍛えるアドバンテージは
○耳で聞き取れない時にテキストの音声を何回でも聞き直しできる!
○しかも、プロの美しいイントネーションの音声!
さらに…
英文を正しく確認すること、つまり
○文字を見て確認して正しく言える
“→Reading”までいくことで、教材を効果的に利用してその吸収力をアップさせられるんですね!
英文でスペルと音と意味とを連動させると、そのフレーズが自分の血となり骨となります。
すると、いざ話したいと思った時に自然に使えるようになる!
そんなイメージです。
ここ数年、アプリと連動して気軽に英文を聞くことができ
昔ながらの英語教科書とは違うアプローチで学べるテキストが急に増えてきているのを感じます!
私はすっかり教材選びが趣味になり(笑)Twitterでの著者発信のteaching theoryを読みふけるのにもハマってしまいました。
私が大学で学んだ教授法とは違って、留学に習った英語学習のアプローチに近いものが増えており
とっても刺激的で楽しいです!
是非ぜひ皆さんも、耳をダンボにして!《昭和な表現ですかね(^_^;)》
口の周り&喉の筋肉をいっぱい使って!
日本語にはない音を楽しみながら、五感で英語を吸収する体験をしてほしいなーと思います!
(三単現とか、肯定文否定文とか、現在完了形とか、、そんな言葉は要らないんです(>_<))
さて、いよいよ実用英検の第1回がはじまりまーす。
「ちむどんどん」してきましたー!
(前作の朝ドラ:カムカムエブリバディから見るようになりました)
Do you best, ladies and girls!!